「アカシアサロン」は全異連に加盟している異業種交流会です【北海道・札幌市】

代表からのご挨拶
アカシアサロンホーム > 代表からのご挨拶

アカシアサロン設立の思い

顧問 八谷 俊雄(電源開発株式会社)

八谷顧問

アカシアサロンは平成16年12月2日に設立(第1回例会を開催)し、これまで4年近くに亘って皆様の活発な参加により、常に活性化された状態で活動を行ってきました。改めて皆様にお礼を申し上げるとともに4年前にアカシアサロンを設立した時の思いを簡単に語らせて戴きます。

私自身は出身は札幌ですが、大学卒業後、Jパワー(電源開発)という元特殊法人の電力会社に入り、転勤族として本社のある東京と地方の勤務を相互にするという生活を送っており(今でもそうですが)、たまたま平成16年7月に転勤で札幌での勤務となりました。そして、すぐに運命の同年9月23日の秋分の日を迎えたのでした。その日は会社は休みでしたが、当時の仕事関係の情報収集という事であるシンポジウムに参加しました。そのシンポジウム後の懇親会の場で「もしかして八谷じゃないか?」という声がありました。振り返ると声の主は高校時代の同期、現アカシアサロン代表の鈴木克典君(北星学園大学)でした。「高校以来久しぶりだなあ」とお互い様々な話で盛り上がり、懇親会終了後もススキノに繰り出し、更に話の華を咲かせました。

その中でお互いの共通点が見つかりました。聞けば、鈴木君は北星学園大学に勤務する前は埼玉の大学で教べんを取っていたのですが、地域と大学の連携活動に力を入れており、私は一木会という異業種交流会(損害保険ジャパン日本興亜株式会社が事務局をしている全異連[全国異業種交流会連合の会]傘下の東京浅草を基本的ベースとして活動している交流会)に参加していました。つまり、2人とも「異業種交流会」というキーワードで繋がっていたのです。

お酒が進み、話が盛り上がる中でどちらからという事もなく、「自分たちのやりたい形で既存にない形の異業種交流会を早めに作ろう」という話となり、その2か月余り先に設立となった訳です。

札幌は皆さんご存じの通り、様々な形での異業種交流会があり、それぞれ特色をもった活動を行っていますが、上述の通り、私と鈴木君は既存にない形の交流会を作りたく、ある思いを持って、会を運営してきました。それは会の名前に「サロン」を付けた通り、気軽な雰囲気を持って参加者の方々の自主的かつ自由な発想での活動を心がけてきたという事です。4年近くの間に会にも様々な動きがありましたが、未だにこの点はしっかりと継続されていると思います。

私自身、平成19年7月の会社の異動で再び東京勤務(同時に一木会に復帰しましたので、アカシアサロンとも一応、全異連という枠の中では繋がっております。)になりましたが、当時の会員の皆様の温かいお計らいで顧問という事で繋がりが残っている事を嬉しく思います。

アカシアサロンは参加する方の自由な発想を活かす事のできる交流会です。今、会員・準会員の方は勿論、このホームページを見て「入ってみようかな」と思った方もすぐ楽しく参加できる交流会です。これからも皆で楽しく様々な人間関係を構築しつつ、それ以上の付加価値づくりもできるサロンに参加してみませんか。

平成20年9月吉日
アカシアサロン顧問
八谷 俊雄

▲このページのTOPへ